ゼニカル通販・効果や副作用、口コミはどうなの?

ダイエットしたいけど食事を我慢せず痩せたいし飲んでみたいと思いますよね。

 

 

そんな時痩せる薬があるのをご存知ですか?
肥満外来では食欲を抑えるお薬以外にも脂肪を排出する薬としてゼニカルの処方もされます。

 

ゼニカルは簡単に痩せたい、我慢せず痩せたい方に人気です!

 

 

ゼニカル

 

ゼニカルは食べた食事の脂肪分30%を外に出してくれる薬です。食欲を抑えるゼニカルとは違い直接的に摂取カロリーを控える事が出来ますので本当に痩せたい人におすすめの薬です。

 

ゼニカルは副作用がほぼ無いですので安心です。

 

 

 

 

 

オルリファスト

 

オルリファストはゼニカルのジェネリックです。同じ作用、効果があります。
値段がゼニカルより安いのでゼニカルよりオルリファストの方が人気があります。

 

オルリファストも今ある脂肪を落とす作用ではありません。摂取した脂肪のうち30%を排出する作用があります。
脂肪分の多い食品を好む方、若い時と同じ食事内容だという方にも適しています。

 

 

 

ゼニカルの効能効果・成分・ダイエットできる理由

 

ゼニカルは、主成分のオルリスタットの他にセルロースを超極小加工したマイクロクリスタルライン・セルロースや滑石の微粉タルク、ナトリウム化合物が含まれています。

 

人間の体は、摂取される脂肪の様に大きな分子量の物質を吸収せずに体外に排出してしまう機能があり、摂取した脂肪も分子量の小さな遊離脂肪酸やモノグリセリドに分解されない限り吸収する事が出来ないとされています。

 

ゼニカルの主成分オルリスタットは、脂肪分解酵素リパーゼの活性セリン残基と共有結合する事によりカルボニル基の活性を急激に促進させ、脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制する事で摂取した脂肪の3分の1を未消化及び未吸収のまま便として排泄し、ダイエット効果を発揮します。

 

ゼニカル個人輸入で購入

 

ゼニカルは個人輸入が出来、その価格相場は約3000円から4500円位ですが、一回で購入する事が出来る個数は決まっていますが、まとめ買いをすると割引になり少し安く購入する事が出来ます。

 

購入方法としては個人輸入をするか、自分で行う事に不安があるならば医療品個人輸入代行を利用すれば初めての個人輸入で不安な人でも簡単に購入する事が出来ます。

 

医療品個人輸入代行を利用すればインターネットで簡単に注文が出来ますし、代金の支払いも注文者の都合に合わせて選ぶ事が可能で、最後まで個人輸入での購入をサポ−トしてくれます。
ゼニカルは、注文者の名義で海外から国際郵便で直送され、約7日から10日程で手元に届きます。

 

ゼニカルの副作用と飲み方について

 

ゼニカルの副作用は下痢と便秘です。下痢の場合はおならをしただけで脂分が噴き出すので、オムツが必要なほど重傷なケースがあります。

 

逆に、便秘は2〜3日お腹が張り、その後一気に油と便が排出されます。また、疲れやすくなるという副作用もあるので、ビタミン剤を併用している方も少なからずいます。

 

飲み方ですが、1日3回120rを服用すると、2日目にはラー油色の便が排出されます。1日に60rを服用していくと、3日目に排便の効果が出てきます。油ものを食べた時だけ服用するという方の場合は、食事中の合間に飲むのが一番油が出やすいです。

 

食後に服用していると、次第に慣れてきてしまい効果が実感できなくなってしまいます。

 

ゼニカルを効果を出すための飲み方と方法

 

ゼニカルの効果を発揮させるには、飲むタイミングが大切です。ベストタイミングは食中?食後1時間以内です。食事前に飲んでしまうと効果が薄れてしまうので注意しましょう。
リパーゼ酵素は食べ物が胃に運ばれた後に分泌が盛んになるので、そのタイミングでゼニカルが効き出すように飲むのがポイントです。

 

1日に飲む回数は3回までが上限で、水と一緒に飲むようにします。
食べ物に関しては、糖質の過剰摂取に注意が必要です。たんぱく質は体を構成するのに必要ですし、ダイエットにも欠かせない栄養素です。脂質はゼニカルによって80%相殺されるので、多少食べ過ぎてしまっても糖質よりは問題ないでしょう。

 

肉や魚などでエネルギーを確保することが大切です。

 

ゼニカルを飲んでも痩せない人ってどんな人?

 

ゼニカルを飲んでも痩せないのは、炭水化物ばかりの食事に偏っている人です。そもそもゼニカルは脂質の吸収を阻害する薬なので、糖質はカットしてくれません。そのため、ご飯やパン、麺類だけで肉や魚など脂質が多いものを食べていない人にはカロリーカット効果が期待できません。

 

また、肉や魚を食べてさらに糖質も過剰に摂取しているとその分のカロリーで太ってしまう可能性が高いです。ゼニカルを飲んでいるからといってなんでも安心して食べ過ぎてしまうのは注意が必要です。
できるだけ良質なタンパク質と脂質を含む食事でカロリーを摂取するようにして、糖質の摂取は抑えて食べた方がいいでしょう。野菜を摂取することで糖質の吸収を抑えることができるので、最初に野菜を食べておくのがオススメです。

 

ゼニカルは下痢になる?

 

ゼニカルは、服用する事で摂取した脂肪を未消化のまま便と共に排泄するので、便に大量の未消化の脂肪が含まれ下痢の時の様な油状の排便となってしまいます。

 

ゼニカル服用時の便は、通常の便に比べて大量の脂肪を含む油状便なのでヌルつきが非常に強く無意識のうちに肛門から油状便を漏出してしまう事も多い上に、おならと勘違いして下着を汚してしまう事も少なくないとされています。

 

その為、ゼニカルの服用時には、おならや便意を感じたら速やかにトイレに行く必要があり、念の為に大人用のおむつや生理用のナプキンを装着するなどの対策をしておく方が安心ですが、服用期間が長くなるにつれて体が馴染み大人用のおむつや生理用のナプキンの必要がなくなります。

 

ゼニカルは耐性があるの?

 

ゼニカルは、継続服用して行くうちに身体が医薬成分に慣れて来て次第に医薬効果が発揮され難くなる耐性は無いとされ、長期にわたり安定したダイエット効果が得られるとされています。

 

ゼニカルは、服用後1時間〜2時間で血中半減期を迎え2日間程度で医薬成分の約97%が便として排出され、3日間〜5日間で医薬成分が完全に体外に排出されるので安全性が非常に高いとして、アメリカ食品医薬品局にも認可されています。

 

また、ゼニカルは胃や小腸の消化酵素に作用するので中枢神経などに作用する食欲抑制剤などに比べて耐性がつき難いだけで無く、精神的依存性や薬物依存性のリスクが全く無く、安心して長期服用する事が出来ます。

 

ゼニカルを飲むと栄養不足になる?

 

ゼニカルは、服用する事で脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害する事で人為的に脂肪の消化不良を引き起こし摂取した脂肪をそのまま排出する効果があるので、ビタミンAやビタミンD、ビタミンE、βカロテンなどの脂溶性ビタミン類も未消化の脂肪と一緒に排泄してしまう副作用があり、特にゼニカルの長期服用は目の疾患や肌の乾燥などの多様な症状を発症させるビタミン欠乏症を発症するリスクがあります。

 

その為、ゼニカルの長期服用時にはサプリメントなどで脂溶性ビタミンを補う必要があり、マルチビタミンなどのサプリメントを服用する場合にはゼニカルの医薬的影響のある服用前後2時間をさけて服用する必要があります。

 

栄養不足にならないよう工夫しながらの服用が必要です。

 

サノレックスとゼニカルとの違い

 

 

サノレックスは似たような作用のあるゼニカルとよく比較されていますが、この二つの作用はそれぞれ違います。

 

サノレックスは食欲を減退する効果があるため、普段から食事量が多い人が食事を減らしてダイエットを行う場合に適しています。

 

一方のゼニカルですが、食事に含まれる脂肪分の吸収を妨げて排出させながら脂肪の蓄積を抑える効果だけですので、食欲のコントロールは自分の強い意志が必要になります。

 

実は両者の薬自体の効果については、作用が違うので自分に適したのを服用するのがいいでしょう。